PS3/ 戦場のヴァルキュリア/ ゲームレビュー(感想・評価)

TOPゲームレビュー(感想・評価)>戦場のヴァルキュリア

サイトマップ  オンライン  PS2  PS3  PSP  Wii  DS  Xbox360  パソコン

 「戦場のヴァルキュリア」は、SRPG(シミュレーションRPG)です。
 PS3のゲームソフト。
 続編がPSPで出ていますね。

 (株)セガのゲームソフト。

 「ベスト版」には、イーディ分隊大作戦(ダウンロードコンテンツ)が収録されていてお得です。

 CERO「B」。
 PS3は、レーティングD、Zが多くて、気味悪いゲームが多いです。
 この「戦場のヴァルキュリア」はレーティングBなので「ほのぼの感」があって安心です。

amzon ⇒ 戦場のヴァルキュリア PlayStation3 the Best

◆「戦場のヴァルキュリア」というゲーム

 シミュレーションRPGなので、ストーリーがあります。
 ストーリーの進行に合わせて、戦術マップをクリアしていくゲームです。

 戦術画面では、マス目がありません。
 自由にユニット(キャラクター)を操作できます。

 攻撃すると反撃にあいます。

 それに加えて、迎撃という要素もあります。
 迎撃とは、敵ユニットの迎撃範囲に入ると、敵が射撃してくることです。
 そのため、ぼけっと接近すると、敵の迎撃に合い、こちらが攻撃する前に戦闘不能になることもあります。

 この迎撃があるため、アクション的な要素が加わった感じがします。
 敵に見つからないように、若しくは、敵の迎撃範囲を避けるように接近し、攻撃を仕掛けることが必要です。
 逆に迎撃を利用するように、ユニットを配置すれば、敵ターンに敵へのダメージを蓄積させることができます。

 この辺が新感覚で、高評価できるところです。

◆「戦場のヴァルキュリア」の感想

 ユニットをマス目から解放するのは、これからのシミュレーションゲームの方向性なのでしょう。
 しかし、操作性が、それについていけないと、単に面倒くさくなるだけに終わります。
 シミュレーションゲームの面白さは、「自分の打った手」が相手にどのような影響を与えたかを確認する作業にあります。自分の動かしたいようにユニットを動かせないと、「自分の打ちたい手」を打てません。ただ単に不満がつのるだけです。

 「戦場のヴァルキュリア」においては、この点が微妙です。
 マス目がある方が、楽しめるような気もします。
 逆に、このようにユニットに自由度を与えられた方が良いと感じる人もいるでしょう。
 正直、微妙。

 一番、評価したいのは、爽快感でしょうか。
 スナイパーが顕著ですが、射撃して、命中した時の爽快感は、かなり良いです。

 戦術マップの見難さは減点です。
 マップが見難いので戦術プランが上手く建てられません。
 結局、いきあたりばったりになってしまい、「この道はこうなっていたのか」とダメージを受けながら、もしくはターンを消化することで初めて確認でるのです。
 この「手探り感」を楽しんでもらいたいという制作側の意図なのでしょうか。
 わたしには、この手探り感は、イマイチです。

 全体として、楽しめたゲームです。
 しかし、不満も残るゲームで、評価は中途半端になりました(笑)。

 5段階評価  ★★★☆(星 3.5)

amzon ⇒ 戦場のヴァルキュリア PlayStation3 the Best

PS3ソフトのレビュー(感想・評価)
  ファイナルファンタジー13(FF XIII)
  戦場のヴァルキュリア
The Elder Scrolls IV:オブリビオン
  信長の野望 天道 with パワーアップキッド
  ドラゴンズドグマ
  第2次スーパーロボット大戦OG
  三國志12withパワーアップキッド(三国志12PK)
  信長の野望・創造


戦略シミュレーションゲームを3倍楽しもう!
0.戦略シミュレーションゲームとは
 0-1.戦略と戦術
1.三国志の魅力
 1-1.三国志の本(小説・漫画)
 1-2.三国志の武将列伝
 1-3.三国志の名場面
2.信長(日本戦国時代)の魅力
 2-1.信長・戦国時代の歴史本(小説・漫画)
 2-2.信長・戦国武将列伝
 2-3.信長・戦国時代の名場面
相互リンク募集
リンクについて
戦略 シミュレーション 無料 ゲーム
ゲームレビュー(感想・評価)

Copyright (C) 2010 戦略シミュレーションゲーム一覧, All rights reserved.